多分、過去世で雅子様の話し相手をしていました。


霊視のできる方に見ていただいたところ、ダッシー津田は前世で雅子様の女中をしていた、と言われたことがあります。

具体的には、雅子様は江戸時代は将軍に嫁いでいて、ダッシーは江戸城で その雅子様の女中をしていた、ということです。

"女中?" と言われても、ダッシーは家事炊事が苦手なので ピンと来ませんでしたが・・

ネットで検索したところ、江戸時代の女中とは "奥方"の話し相手をする女性、とありました。

そういうことなら、あり得るかもしれない、と思いました。


下記はネットで出て来た内容です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「女中」とは、江戸時代以前は天皇に仕える

女官のことで、江戸時代は、大名や高位の武家屋敷に

仕える女性の事でした。



別に、炊事洗濯をする女性ではなく、殿様や奥方の

話し相手をする当時の女性の憧れの職業でした。


憧れをこめて「お女中」と、「お」を付けて、

敬意を表しているのです。



[PR]
by snow8700 | 2015-08-02 18:42


daybyday


by snow8700

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧